第1回 金剛チャレンジCUP
第1回金剛チャレンジ

2021年11月14日(日)にチャイルドジムの校内競技会『第1回 金剛チャレンジCUP』を実施しました。コロナ禍にも関わらず、2年ぶりのイベントということもあり、申込み開始30分でA・Bブロックは定員に達し、50名以上が申し込んでくれた結果、最終的に40名が参加してくれました。
本当にありがとうございました!
開会式が始まって、緊張している子供たちの前にいきなり現れたのは、みんなの競技会を邪魔しようとする悪い鬼たち!
そんなみんなを守るべく現れたのは、悪を許さない正義のヒーロー「 聖治郎・けのすけ」でした!
子供たちの熱い応援を力にして熱戦の末、無事に悪い鬼たちを倒し、チャレンジCUPが始まりました。

ウォーミングアップをして、少し気持ちがほぐれた後は、いよいよ今回の主役!子供たちの出番です。
紅組がんばれ!!白組負けるな!!

個人競技はマットで、各ブロック(Aブロック:年少~年長、Bブロック:小学1~6年生、Cブロック:ジュニアⅡ)ごとに、難易度と美しさの合計得点で競いました。優勝者には金メダルが、更に1位から3位入賞者には表彰状がもらえるとあって、子供たちの眼も真剣そのもの!キラキラ輝いていました。
特に、Cブロック(ジュニアⅡクラス)の選手がバク転やバク宙・側宙など、とても難易度の高い技を次々と決めた時には、自然と「すごっ!」という声が漏れ、選手たちも誇らしげでした。

また、団体競技では、Aブロックは「くぐってのぼって爆走リレー(障害物競争)」・Bブロックは「ジャンピングダンク(玉入れ)」・Cブロックは「決めろ!着地止め対決(跳び箱)」を行いました。
紅白対抗戦ということで、個人競技とはまた違った盛り上がりがあり、今日はじめて出会った子供たちの中に一体感が生まれたように思います。また、競技の待ち時間には、みんな撮影カメラに興味津々!「YouTube」デビューしました!!
そんな紅組と白組の戦いは激戦の末、紅組2122点、白組2725点で白組が優勝!最後の最後まで大いに盛り上がりました。

今回のチャレンジCUPを通して、子供たちは、たくさんの人に見られる緊張感や上手にできた達成感、うまくできなかった悔しさなど、それぞれとても大事なものを持って帰ってくれたように思います。また、コーチの中にも緊張しながら頑張る子供たちの姿が感動として刻まれたことは大きな収穫です。
コーチやお友達との関係も深まり、今後の子供たちの履正での活動がもっと有意義なものになればと思います。来年はマスクも外し、もっと盛り上がり、沢山の子供たちがチャレンジCUPに参加してくれることを心から楽しみにしています。出場者の皆さん、本当にお疲れ様でした!