第8回履正チャンピオンシップを開催しました!

6月23日(日)第8回履正チャンピオンシップ大会を十三校にて行いました。
履正チャンピオンシップ大会は履正グループ3校(十三・曽根・金剛)合同のジュニア水泳競技会です。
第8回を迎え、ほぼ定員いっぱいの173名の子ども達が参加してくれました。

今年の開会式ではコーチチームvs現役選手チームでリレーによる対決を行いました。
コーチのプライドが勝つか、現役選手の練習量が勝つか、みんなが固唾をのんで見守る中謎の仮面コーチが…
コーチチームリードの中、大きく高く飛び込んだあとふらふらと…どうなることかと思いましたが、最後は余裕でコーチチームが勝ちました。圧巻の泳ぎに子どもや保護者の方から感嘆の声があがっていました。

前半の25m種目には最年少は6歳から出場しました。初めての試合で不安そうな顔、緊張しすぎてゴーグルを忘れる子などいろいろな姿がありました。
後半の50m種目には選手コースの子ども達も参加し、1人1人練習の成果を発揮し、最高のパフォーマンスができたと思います。

前半の25m種目から十三校がリードし、最後までリードを守りきり4年ぶりに優勝しました。
最終結果1位十三校 ・ 2位曽根校 ・ 3位金剛校となりました。
参加者全員が全力を発揮し、充実した一日となりました。

来年も開催予定です。来年に向けてまた練習を積んで、好成績が残せるように頑張りましょう!