射精が早すぎる。早漏とは何ですか?

posted in: インポテンス治療 | 0

早漏は、あらゆる年齢の男性に影響を与える一般的な問題です。性生活や人間関係に支障をきたし、不安感や不満が生じることがあります。場合によっては、病状や薬物によって引き起こされることもありますが、ほとんどの場合、早漏は心理的要因によるものです。

早漏に対処するための戦略はたくさんありますが、最適な方法は個人によって異なります。コンドームなどを使ってオーガズムを遅らせることで安心できる人もいれば、興奮をコントロールし、本当にセックスする準備ができるまで待つことを学ぶ人もいます。多くの男性は、セルフトークやリラクゼーション法が効果的であると感じています。

早漏は欲求不満や恥ずかしさの原因になることがありますが、病気や性格的な欠陥というわけではありません。それは単に、多くの男性が経験する、セックス中に勃起し、興奮を持続させることの難しさなのです。

射精とは 射精とは?

射精は、性行為の際に陰茎から精液が排出されることです。これは、1つまたは複数の前立腺腺を刺激した後に起こる反射作用である。精液は、精子と精嚢および前立腺からの液体で構成されています。射精液には、テストステロン、プロスタグランジン、その他のホルモンが多く含まれています。

射精は通常4秒程度続きます。この間、パートナーは共に強烈な快感を覚えます。射精後、脳の血管拡張のため、短時間、頭がボーッとしたり、ふらふらしたりすることがあります。これは通常15分程度で治まります。ほとんどの男性は、その後、後遺症を残すことなく、やがて眠りに落ちます。

正しく射精することのメリット

射精するとき、あなたは性的エネルギーを解放しているだけでなく、パートナーに二人で楽しんでいるというメッセージを送っているのです。恋愛専門家で作家のローラ・バーマン博士は、「射精は間違いなく、セックスで最も満足できることの1つです」と言います。”それは、あなたがそれに夢中で、もっと続けたいということをパートナーに伝える方法なのです”。

バーマン氏によると、正しく射精することのメリットは他にもいくつかあるそうです。ストレスレベルを下げ、免疫力を高め、セックスライフに興奮をもたらし、オーガズムをより強烈にすることができます。さらに、パートナーとの信頼関係や親密さを示す強力な信号にもなります。「オーガズムを意識してセックスしていることがパートナーに伝われば、パートナーはより愛され、感謝されていると感じるでしょう」とバーマン氏は言います。

射精のスピードはどれくらいがいいのか?

セクシュアリティに関しては、多くの誤解と非現実的な期待があります。セックス中の男性のオーガズムの持続時間も同様に議論の対象です。それは時折変化し、多くの変数に依存しています。ストップウォッチで計ると、男性がオーガズムに達して射精するまでには、通常5分から7分かかります。しかし、1分未満から30分以上まで、全体としてその範囲は広大です。

非常に早いオーガズムが男性やその関係、性的満足度に影響を与えるかどうか、またどのように影響を与えるかも、大きく異なります。調査によると、男性は通常、射精までの時間を実際の時間の4分の1から2分の1程度に見積もっているそうです。したがって、他人の言うことに基づいて判断するのは、あまり良い考えとは言えません。射精のタイミングを本質的にコントロールできる男性は、わずか4%です。そして彼らは、いつも(あるいはほとんどいつも)非常に早く、つまり挿入前か挿入直後に「イク」のです。早漏は、こうした早すぎるオーガズムが不快になったときに問題となる。いくつかの異なる治療法があり、そのうちのいくつかは薬を使うことができます。また、散発的に利用できる選択肢として、性行為療法があります。

射精が早いのは正常か?

ほとんどの男性は、時折、希望するよりも早くオーガズムを感じることがありますが、これは一般的なことです。もし、あなたとあなたのパートナーが、セックスの際に早すぎる射精のために問題を経験するならば、それを助けることができる治療法があります。

前戯が始まると、すぐに射精してしまう男性もいます。また、挿入直後や挿入中に射精してしまう人もいます。初めての性行為で早漏になり、一生その状態が続く男性もいれば、しばらくの間、より長く、より満足のいく射精を経験した後に早漏になる男性もいます(後天的)。

早漏とは?

早漏は、男性にとって多くのフラストレーションと恥ずかしさを引き起こす問題です。約50%の男性が早漏であると推定されており、多くの人にとって非常にフラストレーションの溜まる経験となっています。早漏にはさまざまなタイプがありますが、いずれもタイミングとコントロールに問題があります。

早漏の原因にはいくつかのものがあります。最も一般的なものは、不安、ストレス、性的コンディション不良、興奮しにくい、自己認識の欠如、血行不良、薬の使用(特にβブロッカー)、飲酒、セックス前に疲れていたりストレスを感じていたりすることなどです。この問題を抱える人の多くは、20代前半の頃から起こり始めたと言います。しかし、早漏はどの年齢層にも起こりうるものであり、差別はありません。

早漏の心理的な原因

早漏の心理的な原因は、誰もが認めたくないほど多いと多くの人が思っています。これは、多くの男性がこの問題について恥ずかしいと感じ、むしろ話したくないと思っているからです。また、PEの根本的な原因は人によって異なるため、特定することが困難な場合も多くあります。

早漏にはさまざまな要因がありますが、ほとんどの専門家は、不安、ストレス、失敗への恐れという3つの主要な心理的原因があると信じています。これら3つの要因はすべて、緊張と不安のサイクルを生み出し、射精のプロセスをコントロールできなくなり、やがて不安とストレスがさらに大きくなることを招きます。

早漏の場合は、不安やストレスの根本原因を探り、それを管理するための戦略を立てることができる専門のセラピストやセックスカウンセラーに助けを求めることが重要です。

早漏の生物学的原因

生物学的な原因による早漏は、最も一般的なタイプであると考えられています。早漏の原因となる生物学的要因はたくさんあります。その中でも特に多いのが、酵素の不足や神経細胞の損傷による一酸化窒素の産生量の減少です。一酸化窒素は、血流をコントロールし、勃起不全を防ぐのに重要です。その他の生物学的な早漏の原因としては、テストステロンの放出の問題、セロトニンの低レベル、前立腺や睾丸の異常などが挙げられます。早漏の根本的な原因に対処する療法は、全体的な性機能の改善に役立つ可能性があります。しかし、多くの男性は、持続的な成功を収めるために薬物療法も必要であると感じています。

早漏の物理的な原因

早漏は男性にとって共通の問題です。実際、世界で最も一般的な性機能障害です。多くの人は早漏の原因を知りませんが、物理的な要因があります。ここではそのうちの3つを紹介します。

  1. 早漏の原因は、不安やストレスであることが多いようです。これらが長い間蓄積されると、体が早漏につながるような反応をすることがあります。
  2. 早漏のもう一つの身体的原因は、テストステロンレベルの低下です。これによって、性交に必要な時間、勃起を維持することが難しくなることがあります。
  3. 最後に、早漏防止に関しては、骨盤底筋が弱く、思うように働かないこともあります。

早漏治療としての性行為療法

早漏の治療法としての性行為療法は、性生活を改善するために非常に有効な方法です。性行為療法は、患者が射精のプロセスをよりよくコントロールできるようにするための対処法とテクニックを学ぶのに役立ちます。さらに、性行為療法は、患者が自分の問題の原因となっている可能性のある問題を探り、それらの問題に対処するためのリソースを提供するのにも役立ちます。全体として、性行為療法は早漏を治療し、生活の質を向上させるための優れた方法です。

早漏の治療法としての行動療法

行動療法は、多くの症例で有効性が認められている早漏の治療法です。この治療法には通常、オーガズムを遅らせる方法など、性的興奮を管理する方法についての指導が含まれます。また、射精のコントロールを改善するためのエクササイズが行われることも一般的です。行動療法は早漏症に有効な治療法であり、薬物療法や手術などの他の治療法がうまくいかなかった場合に検討すべきものです。

早漏治療薬としての内服薬

内服薬は、早漏(PE)を経験する男性にとって重要な治療法のひとつです。これらの薬は、射精のプロセスを遅らせるのを助けることによって働きます。錠剤、または液体懸濁液として処方されます。様々な経口薬があり、それぞれに利点と欠点があります。よりよく知られた経口PED治療薬には、シルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)などがあります。

ほとんどの経口PED治療薬は、比較的副作用が少なく、多くの男性に効果が期待できます。しかし、すべての男性がそれらに反応するわけではなく、常に合併症の可能性があります。どの経口PED薬が最も適しているか、医師と相談することが重要です。

早漏治療としての医療機器

早漏は、男性がパートナーが絶頂に達する前にオーガズムを得ることができない状態です。これは、両方のパートナーにとって非常にイライラする問題である可能性があり、多くの治療法が利用可能です。最も一般的な治療法の1つは、医療機器です。

医療機器は、セックス中に陰茎に刺激を与えることによって、男性がオーガズムを達成するのを助けることができます。圧力で作動する機器もあれば、振動や熱で作動する機器もあります。体に装着するものもあれば、ペニスに挿入するものもあります。また、男性が自慰行為をしやすくし、セックスを長続きさせるために、単独で使用できる機器もあります。

早漏を解決するための答えは一つではありませんが、医療機器を使用することは非常に効果的な治療方法となります。早漏に悩んでいて、治療法を試したい方は、どのような選択肢があるのか医師に相談してみましょう。

早漏防止のための結論とコツ

早漏を防ぐために、いくつかできることがあります。まず、パートナーが快適でリラックスしていることを確認します。つまり、相手の体や動き、呼吸に合わせてあげることです。また、自分の性器を刺激しすぎないようにし、相手の体に意識を集中させましょう。最後に、我慢して、無理強いしないことです。何か違和感があったり、しっくりこないことがあれば、立ち止まって、何が起こっているのか、パートナーに相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。